船橋市のかなすぎ歯科小児歯科専門サイト|予防歯科

お気軽にご予約・ご相談ください
お気軽にお問い合わせください047-449-0802

〒273-0853 千葉県船橋市金杉6-1-7

新京成電鉄線「滝不動」駅 徒歩10分 桜ヶ丘バス停 徒歩1分
アクセスのご案内→

※受付は診療時間の30分前までです

 
8:30-12:30

14:30-19:30

9:00-12:3014:30-17:00

  • 駐車場5台完備
  • 土曜日曜も診療
  • 8:30から診療

予防歯科

乳歯のむし歯予防の重要性

乳歯のころからケアをしっかりと行いましょう

乳歯のケア

「子どもなら少しくらいむし歯ができても、乳歯は生え変わるから大丈夫」という考えをお持ちではないですか?その認識はとても危険なもので、乳歯のむし歯は下にある永久歯にまで影響を及ぼすことがあります。
乳歯は、永久歯が丈夫で健康に生えるための準備をしたり、正確な位置に永久歯が生えてくるように導く役割があります。
フッ素塗布やシーラントなど、乳歯のうちからしっかりとむし歯を予防していきましょう。

予防メニュー

フッ素

フッ素

「フッ素」というと、歯みがき粉などのケア用品の成分としても乳歯や生えたての永久歯は細菌に弱く、むし歯になりやすいのが特徴です。むし歯になってしまった場合、成人の永久歯と比べて症状の進行も早いので、気がつくと歯の根っこまでむし歯が達していることがあります。
しかしこのような生えたての永久歯や乳歯でも、フッ素を塗布することによって大人の歯と同じくらいの強度が保てます。
また、初期のむし歯であれば、フッ素がむし歯部分の石灰化を促すので、むし歯の修復をすることもできます。

「歯みがき粉にフッ素が含まれているなら、それで十分じゃないの?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、市販の歯みがき粉に含まれるフッ素濃度は低く、歯科医院で塗布するものは市販の約10倍の濃度があります。むし歯予防効果もそれだけ高いということになりますので、歯科医院での定期的なフッ素塗布をおすすめいたします。

シーラント

シーラント

シーラントは、奥歯の溝を特殊なプラスチックで埋める方法です。
そうすることで奥歯の溝に汚れがたまりにくくなり、むし歯の予防に効果を発揮します。
シーラントを行う歯の溝は、お口の中でむし歯を最も作りやすい部分です。そんな歯の溝からのむし歯を予防できるということは、むし歯になってしまう可能性を大幅に減らすことができるということになります。
実際にむし歯予防効果について、シーラントを行った子どもを対象に3年間経過観察を行った結果、シーラントを行った歯は66.7%むし歯にならないというデータもあります。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

お子様の理解度や成長に合わせた適切なブラッシング指導を行います。子どものころに正しい歯の磨き方を習慣づけることにより、大人になってからのむし歯や歯周病の予防に効果的です。

ケア用品の選び方

歯ブラシや歯みがき粉など、ケア用品もむし歯予防に効果的なものを選びましょう。
歯ブラシは、毛が柔らかく密集しているもので、カットはギザギザではなくフラットなものが良いでしょう。歯ブラシは色つきで柄や絵があると、お子様も歯みがきをたのしめます。また、歯みがき粉は小児用のジェルタイプのものを選ぶと、味や香りがついているため歯みがきを習慣づけてくれるきっかけにもなります。
味がついているだけでなく、むし歯予防のためにはフッ素配合のものを選ぶことが大切です。ミントなどの、清涼感のある使い心地のものは苦手なお子様が多いので使わないようにしましょう。

仕上げ磨きの方法

  1. 1

    まずはリラックスさせた状態で、お口を大きく開けます。

  2. 2

    上を向かせ、後ろから支えながら歯を磨きます。

  3. 3

    むし歯になりやすい奥歯は、覗き込んで念入りに磨きましょう。

むし歯予防のポイント

POINT

  • 食事やおやつのとり方に注意!

    むし歯予防のポイントは、むし歯の原因である糖分をお口の中に残さないようにすることです。食事やおやつをだらだらと食べ続けていると、お口の中には常に糖分が残っている状態になります。食べる時間はきちんと決め、水分をとるときには糖分が含まれるジュースではなく、お茶などを飲むと良いでしょう。

  • キシリトールを取り入れよう

    お子様が好きな甘いものは、糖分が多く含まれているため、むし歯にもなりやすくなります。アメ、ガム、チョコレートなどを食べるときは、ノンシュガーのものやキシリトール入りのものを取り入れてむし歯を防ぎましょう。

  • 食後のケアを心がけましょう

    むし歯予防に最も効果的なのはやはり、毎食後きちんと歯みがきをすることです。
    小さなころから食後の歯みがきを習慣づけることは、大人になってからのむし歯予防にもつながります。歯みがきができない状況の場合は、うがいをしてお口をゆすぐだけでも効果があります。

PAGETOP