船橋市のかなすぎ歯科小児歯科専門サイト|妊娠中の治療

お気軽にご予約・ご相談ください
お気軽にお問い合わせください047-449-0802

〒273-0853 千葉県船橋市金杉6-1-7

新京成電鉄線「滝不動」駅 徒歩10分 桜ヶ丘バス停 徒歩1分
アクセスのご案内→

※受付は診療時間の30分前までです

 
8:30-12:30

14:30-19:30

9:00-12:3014:30-17:00

  • 駐車場5台完備
  • 土曜日曜も診療
  • 8:30から診療

妊娠中の治療

妊婦さんでも治療ができます

妊娠中の方でも治療ができます

「妊娠中は歯の治療はできるのかな?」と、疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。
妊娠中でも、時期を気をつければ治療は可能です。
むし歯や歯周病の治療は、治療ができる時期にしっかり治療を済ませましょう。

妊娠1~4ヶ月 妊娠初期はつわりが重く、お口の中の治療は難しい時期です。切迫流産の危険性も高い時期であるため、緊急の治療が必要な場合以外はこの時期の治療は控えましょう。
妊娠5~8ヶ月 安定期と呼ばれ、つわりも落ち着いてくる時期です。身体に不調がなければ、通常の治療を受けても問題ありません。お口に特に問題が無くても、検診を受けておくとよいでしょう。
妊娠9ヶ月以降 いつ陣痛がきてもおかしくない時期です。
お腹も大きくふくらみ、診療台に横たわることがつらくなりますので、この頃までに治療を済ませるか、産後落ち着いてから治療を受けたほうがよいでしょう。

胎児への影響は?

胎児への影響が不安…

妊娠中のお母様が一番気になることは、やはり胎児への影響だと思います。
治療や検査などで使われる道具や薬が本当に安全なのか、胎児への治療の安全性について説明いたします。

  • レントゲン

    お口の状態を把握するためにはどうしてもレントゲンでの撮影が必要になることがありますが、胎児への影響を心配される方も多いかと思います。しかしレントゲン撮影が胎児へ影響を与えることはなく、レントゲン撮影をすることになった場合も専用のエプロンを着用していただくことで、お腹に放射線が当たることを防ぎます。
    撮影をするのもお口のみなので、お腹には影響を与えませんのでご安心ください。

  • 麻酔

    むし歯治療で使用する麻酔は局所麻酔となりますので、胎児へ麻酔が届いてしまうということはありません。また、歯科治療で通常使われているのは「キシロカイン」という麻酔薬で、この麻酔薬は出産の際に無痛分娩にも使われているため問題ありません。

  • 鎮痛剤

    歯の治療をしたとき、治療後に痛み止めを処方されることがあります。鎮痛剤は、種類によっては妊娠中の使用ができないものがあるので注意しましょう。たとえば、鎮痛剤の中で代表的なロキソニンも妊娠後期は使用が禁止されています。
    服用に注意が必要な鎮痛剤ですが、受診する際に妊娠中であるということをしっかりと伝えれば、妊娠中にも安全な鎮痛剤が処方されますのでご安心ください。

妊娠中のお口のケア

妊娠中のお口のケア

お口のケア

妊娠中は、つわりによりお口のケアが難しくなったり、嘔吐の影響で胃酸が歯の表面を溶かしてしまうことがあるため、むし歯になりやすくなります。
妊娠中でも無理のない範囲でしっかりとケアを行い、むし歯を予防することが大切です。

POINT妊娠中のお口のケアのポイント

  • 011日に1回はお口のケアを

    ブラッシングは毎食後に行うことが理想的ですが、つわりなどで難しい場合は最低1日に1回、ご自身の体調の良いときに丁寧にブラッシングをするとよいでしょう。

  • 02お口をゆすぐだけでも効果あり

    ブラッシングの回数が減り、お口に食べかすなどが残ってしまうと、お口の中はむし歯になりやすい環境のままになってしまいます。ブラッシングが出来ない場合は、必ず水やお茶でお口をゆすぐようにしましょう。

  • 03小さな歯ブラシに変えてみる

    歯ブラシをお口に入れたときに嘔吐してしまう場合は、歯ブラシを小さなものにしてみましょう。小さな歯ブラシにすることで嘔吐反応が抑えられる場合があります。

  • 04歯磨き粉を使わずに磨いてみる

    つわりが重い時期には、歯磨き粉の味やにおいでも吐き気を催してしまう場合があります。無理に歯磨き粉を使うことはせず、歯ブラシでゆっくりとブラッシングをしましょう。

!母子感染に注意!

お母さん

赤ちゃんのお口の中にはもともとむし歯菌は存在しません。むし歯菌は、食器の共有、食べかけの物を与えること、キスなどの「母子感染」で感染する場合がほとんどです。
しかし、母子感染を避けるあまりに親子でのスキンシップが減ってしまうのもよくありません。むし歯の心配をせずに安心してスキンシップができるよう、出産前にお口の中の状態を整えておくことが大切です。

PAGETOP