船橋市のかなすぎ歯科小児歯科専門サイト|小児歯科

お気軽にご予約・ご相談ください
お気軽にお問い合わせください047-449-0802

〒273-0853 千葉県船橋市金杉6-1-7

新京成電鉄線「滝不動」駅 徒歩10分 桜ヶ丘バス停 徒歩1分
アクセスのご案内→

※受付は診療時間の30分前までです

 
8:30-12:30

14:30-19:30

9:00-12:3014:30-17:00

  • 駐車場5台完備
  • 土曜日曜も診療
  • 8:30から診療

小児歯科

はじめてのお子様でも安心

お子様のペースに合わせた治療を心がけています

お子様にとって歯科医院は「痛いところ」「こわいところ」というイメージがついてしまっていることがほとんどです。
当院ではまず「歯医者さんはこわくないところ」とお子様に思っていただけるように、お子様のペースに合わせてトレーニングを行い、少しずつ不安を取り除いていくところから始めます。お子様に治療器具をおもちゃとして受け入れてもらい、スタッフやドクターと仲良くなってから治療に入るので、治療に積極的になってくれることがほとんどです。

POINT楽しく通えるポイント

キッズスペースを2ヶ所設け、待ち時間も遊びながらたのしくお待ちいただけます。 お母様の診療中にも、お子様の様子がわかるように配慮していますのでご安心ください。 治療をがんばったお子様にはごほうびにガチャガチャをご用意しています。

  • キッズスペース(待合室)
  • キッズスペース(診療室)
  • ガチャガチャ

年齢別むし歯リスク&ケア方法

年齢別のむし歯リスクとケア方法

-乳児期-乳児期
乳歯は生後6ヶ月あたりから生え始めます。乳歯は抵抗力が弱く、永久歯よりもむし歯になりやすいため、歯ブラシで1日に1回(特に夜)はしっかりと歯を磨きましょう。歯が生えていないお子様の場合、ガーゼで拭うことでお口の中を清潔に保ちましょう。
また、歯磨きが難しい場合は、食事・授乳の後に白湯を飲ませるとむし歯のリスクを抑えることができます。
歯科医院でのケアは、歯が生えたときから始められます。お子様に乳歯が生えてきたら、ぜひ一度ご来院ください。
-幼児期-幼児期
1歳半~3歳くらいの間に乳歯が生え揃ってきます。おやつなどは決まった時間にとり、糖分はなるべく控えたほうがよいでしょう。
この時期は、お子様が歯磨きをしたあとに、必ずお父様やお母様が仕上げ磨きをしてあげるようにしましょう。
仕上げ磨きは、軽い力でブラシ全体を当てるようにし、お子様には顔を上に向けて立ってもらうと磨きやすいです。歯磨きをフッ素配合のものを使い、むし歯をしっかり予防しましょう。
-学童期-学童期
6歳~12歳くらいの間に乳歯が永久歯に生え変わります。乳歯が抜けた部分は歯磨きがしにくくなり、生え変わったばかりの永久歯はむし歯になりやすいのでしっかりとケアしましょう。
歯磨きも自分でできるようになるころですが、仕上げ磨きは10歳になるくらいまで続けるようにしてください。歯科医院で定期健診を行ったり、定期的にフッ素塗布やブラッシングの指導などを受けることをおすすめいたします。

お子様のむし歯治療

お子様のむし歯治療

「子どもなら少しくらいむし歯ができても、乳歯は生え変わるから大丈夫」という考えをお持ちではないですか?その認識はとても危険なもので、乳歯のむし歯は下にある永久歯にまで影響を及ぼすことがあります。
乳歯は、永久歯が丈夫で健康に生えるための準備をしたり、正確な位置に永久歯が生えてくるように導く役割があります。フッ素塗布やシーラントなど、乳歯のうちからしっかりとむし歯を予防していきましょう。

チェックしてほしいポイント

  • 乳歯のむし歯は白い

    乳歯のむし歯は、黒ではなく白であることが多くあります。白いむし歯の場合、むし歯に気づきにくいだけでなく、黒いむし歯に比べて進行も速いため、知らないうちにむし歯が進行していることがあります。乳歯は歯がやわらかいため、あっという間に神経まで到達してしまうこともあるので注意が必要です。

  • 歯の間

    乳歯のむし歯は歯の間にできやすい傾向があります。特に奥歯は磨き残しが多いため、お母様やお父様が仕上げ磨きを行い、異変がないかをチェックしてあげてください。
    乳歯のむし歯は進行に気づかずに、急に穴があいてしまうことがあります。歯の間をデンタルフロスでケアしてみて、引っ掛かりがある場合はむし歯の可能性があります。

  • 上顎の前歯の間にできやすい

    上顎の前歯の間は、飲み物が原因でむし歯になることがあります。哺乳瓶を使ってミルクやスポーツドリンクなどを与え続けることにより、歯が糖分に触れるのでむし歯ができやすくなるので気をつけましょう。

乳歯の治療法について

初期のむし歯治療

乳歯は、初期のむし歯の場合は白くにごっています。このころであればフッ素を塗って歯を再石灰化し、食事の習慣や歯の磨き方を正すことで、むし歯を削らずに治すことができます。

むし歯が神経にまで達している場合の治療

乳歯のむし歯は進行が早いので、神経まで広がってしまうことがあります。
乳歯にとって神経は歯の生え変わりにとても重要なため、そのような場合は神経をとったり、切断したりする必要があります。神経がない乳歯は、永久歯と生え変わる際にうまく抜けないことがあるので、永久歯の邪魔をする場合は抜歯をすることになります。

子どもが治療を嫌がる場合

お子様が治療を怖がったり、治療に対する不安がなくならずにどうしても治療ができない場合は、定期的に濃度の濃いフッ素を塗ってむし歯の進行を抑えます。
そうすることによりやわらかいむし歯が硬くなり、むし歯を削っても痛くなくなる場合があります。

PAGETOP